本文へスキップ

広島市中央卸売市場中央市場

お問い合わせはTEL.082-279-2300

HIROSHIMA FISH MARKET

市場情報market INFOMATION



3月1日(金)


≪真鰯(マイワシ)≫


イワシには代表的な種類として“真イワシ・片口イワシ・

潤目イワシ
”と有りますが、
本日はマイワシです。


広島魚市場には、山陰は島根・鳥取産、九州は長崎・熊本・鹿児島産その他、三重・石川

産など幅広い地方からの入荷があります。

本日も島根産のものが沢山入荷していました。

このマイワシ出世魚で成長にともなって呼び名がかわります。

一般的には・・・

・5〜8センチ  ・・・「たつくち」
・8〜12センチ ・・・「小羽いわし (コバイワシ)」
・12〜15センチ・・・「小中羽いわし(コチュウバイワシ)」
・15〜18センチ・・・「中羽いわし (チュウバイワシ)」
・18〜20センチ・・・「にたりいわし」
・20センチ以上 ・・・「大羽いわし」 と呼ばれていますが

広島魚市場では『小羽・中羽・大羽』の3種ぐらいで呼ばれています。

また、関東ではその体側に黒い点々が一列に並んであることから「七つ星」とも呼ばれて

います。(写真)

確かに数えてみると
7つ”あります。
(この呼び名、広島魚市場ではあまり使いませんが・・・)

その生態は・・
海岸近くから沖合いまでの海面近くに生息し、大群を作って遊泳しています。

春から夏にかけて北上、秋から冬には南下という季節的な回遊を行うが回遊魚ですが、中には回遊せずに

一定の海域に留まる群れもある様です。

名前(漢字)の由来・・・
イワシは大型魚の餌食になる事も多い上、水揚げされてもすぐ死に腐りやすいことから、魚編に「弱」と書くよ

うになったと言われています。

栄養素・・・

イワシには、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が、青魚の中で最も多く含まれていると言われています。


さば味噌煮

料理教室・食べ方・・・

そんなイワシの栄養素に着目してくださり、先日“管理栄養士”であり“

料理研究家”の沖野恵子先生エソール広島の料理教室で、

マイワシ
さつま揚げをご指導して頂きました。(写真)


さば味噌煮

沖野恵子先生は“NHK広島の「ひろもりワイド」に出演”“リビング広島に

料理記事掲載中”ほか幅広いご活躍をされています。


私も試食させて頂きましたが、風味豊かでとても美味しかったです!蓮根

を荒みじん切りにしたものが
中に入っていて食感も良く、いくらでも箸が進

みました。(詳しいレシピは下記アドレスにお問合わせください)

(詳しくは↓のアドレスで)

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1021066166926/index.html

さば味噌煮
選び方・・・


目が黒く澄んでいるもの。

・体の斑点(黒い)が、はっきりしているもの。


・ウロコが乾いていなく、綺麗に輝いているもの・


・体が丸々として、張りがあるもの・・
・をお選び下さい。

栄養素に戻りますが、高齢化社会・子供の骨祖鬆症の増加等、魚が お役に立てる事が多い時代に

なってきている様な気がします。





是非サプリメントではなく
魚を食べて、美味しく・健康になりましょう!




                                                                          
<営業推進課 吉井 起明>


内容に対するご意見・ご感想等は下記メールアドレスにお寄せ下さい
t_yoshii@hirouo.com



《Archive》
 平成24年11月  平成24年12月  平成25年1月  平成25年2月
 (サバ)     (ぶり)       (たら)       (はたはた)
           (数の子)      (舌平目)   (JOYJOY COOKING)
                          (いいだこ







セリ

      
information
店舗情報

広島魚市場

〒733-0832
広島市西区草津港1-8-1
TEL.082-279-2300
FAX.082-278-3006
→アクセス

→お問い合わせ

→市況(広島市中央卸売市場)