本文へスキップ

広島市中央卸売市場中央市場

お問い合わせはTEL.082-279-2300

HIROSHIMA FISH MARKET

市場情報market INFOMATION


平成24年11月分

11月12日(月)

  

≪ 真 サ バ ≫


日は真サバです。

最近市場に買い付けに来られている“魚屋さん”に「今何が売れていますか?」と尋ねると大半の方が「サバ脂がのって最高に美味しくなったけえ、薦めとる」と言われます。

昔から「秋サバ」などと美味しさの時期の表現として使われてきましたが、昨今は猛暑、残暑が厳しいので旬が少しづつずれている中、ここ最近やっと「寒いな〜」と実感出来るようになったので、サバも美味しくなってきたんだと、納得しています。

サバは春頃産卵を行い、それから冬に備えて
猛烈にエサを食べ肥えてきます
その為、ごろから脂ののりが良くなってくると云うことです!!
サバの産地に関しては市場では、大きなくくりとして“地物送り”とに分けています。さば味噌煮
地物とは瀬戸内海の近場で獲れたもの送りとは他県で獲れたものが島に送られてきたものの意味です。
地物は残念ながら、近年水揚げ量も少なくなり高値で取引されています。
そのかわり、近場で獲れているので鮮度は抜群で、入荷時はまだ活きています。送りの物は、その時々で全国から入荷してきます。
その中で今一番お勧めなのは、長崎は“東シナ海”で水揚げされたサバ最高に脂がのって美味しいと例年にもれず評判です。
また、その価格はお手頃でお求めやすい価格になっています。
スーパーに行くと定番でノルウエー産のサバが並んでいて、その品質も安定していますがこの時期は、国産は長崎産あたりのものを、是非食して頂ければと思います。



栄養素は・・・

サバ
は、「青魚の王様」といえるほど栄養価が高く、さばの脂質にはDHAやEPAなどが豊富に含まれていて、
その含有量は青魚の中でも郡を抜いて多いとされています。
DHAは、脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られており、記憶力の低下を抑えたり、目によいとされています。
またEPAは、血液中の血小板凝集を抑制して血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持つとされています。

選びかた・・

背あたりの青みが強くて、黒い縞模様がクッキリとしているものを選びましょう。

食べ方・・・
近海(瀬戸内)で獲れた活きの良いものは、刺身で食べると最高。
(刺身は調理師さんが造られたものを食べましょう)
また、〆サバにしてさっぱりと食べてもとても美味しいです。
その他、塩焼・トマト煮など・・・
今回は、最近食堂などでも見なくなった“味噌煮”をあえて作ってみました。(写真)
ちょっと、酢を入れてみたんですが、味がすっきりしてとても美味しかったです。
是非一度お試しください!!


                                           















セリ

      
information
店舗情報

広島魚市場

〒733-0832
広島市西区草津港1-8-1
TEL.082-279-2300
FAX.082-278-3006
→アクセス

→お問い合わせ

→市況(広島市中央卸売市場)