本文へスキップ

広島市中央卸売市場中央市場

お問い合わせはTEL.082-279-2300

HIROSHIMA FISH MARKET

会社案内CAMPANY OUTLINE

社長 メッセージ

CEO

  
  平素は格段のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げ、皆々様ご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。何とぞ本年もご指導、ご鞭撻の程お願い申し上げます。

 昨年は内外ともにビッグニュースが相次ぎましたが、11月29日に、政府による「農業競争力強化プログラム」が正式決定され、その中で「卸売市場法を抜本的に見直し、合理的な理由がなくなっている規制は廃止する」と明記されました。市場法の取扱についてはこれから議論が進められることとなりますが、いずれにしても卸売市場は新たな歴史の転換点を迎えていると考えられます。
 
 最近の水産業界における大きな変化の潮流は、①国内外を問わず主要魚種の漁獲量の減少、②海外需要の増大、③魚価の上昇による量販店の鮮魚売場の縮小と精肉売場の拡大などで、それらの要因と地方都市の高齢化、人口減少が相まって、需要の有無にかかわらず水産物の消費は減少の一途をたどっています。

 そのような環境変化に対応するため、当社は、環瀬戸内海の集荷拠点となるよう、近海で水揚げされる魚の高付加価値化、そして瀬戸内海の魚のブランディングを目指して、ここ数年いくつかの取り組みを進めております。その成果は着実に表れており、広島市場だけでなく大都市圏における一定の評価の確立と付加価値の高い地場産鮮魚の集荷力向上につながっています。漁業者の減少と高齢化が待った無しの状況下にある中、最終的には生産者が再生産を続けるに足る手取り収入が得られことを目標に、高付加価値化の取り組みをさらに進化させて行きます。また一昨年末にJETROの輸出有望案件発掘支援事業の採択を受けて以降、輸出についても昨年中にその足がかかりとなる手応えを得ることができました。

 本年早々に当社の加工部門であるフレッシュヒロウオ㈱の全面改修・増築工事がスタートします。老朽化が進むと同時に、加工に対するニーズも変化しており、輸出も視野に入れたHACCP取得により衛生管理を徹底させ、冷凍加工機能の高度化を図ること等を目的に6月竣工を目指しています。また本年の期中より、増設部分にはJF広島県漁連様の入居を予定しており、お互いにシナジー効果のある事業において、共同化を図ることができればと考えています。

 昨年4月にスタートした訪問看護ステーション「リライフ井口」は、現在では着実に利用者が増加する局面まで成長してまいりました。地域の皆様に信頼していただけるステーションの運営を目標として、看護師、療法士のスタッフ一人一人が、やりがいを以って仕事ができる環境作りを第一として進めております。最終的には「医食同源」の理念の下、食品企業である親会社としての付加価値が発揮できる事業への育成を目指しています。

 一方広島市場においては、一昨年来の耐震診断の結果を元に協議を重ねた結果、昨年末において現在地での建て替えが合意されました。広島市中央卸売市場の関係者にとりましてはこれを千載一遇のチャンスと捉え、できるだけ早いタイミングで合意形成がなされ、運命共同体として市場の競争力が強化できる計画が立案できることを願っています。その際のキーワードは、①コールドチェーンを柱とする安全・安心、②イニシャル、ランニングともローコスト、③草津漁港に隣接する産地市場の強みを生かした賑いの演出の3つで、それにより広島市場の水産部門が持つ強みを最大限生かすことができればと、個人的に考えています。

 以上申し上げたような事柄について、今年も歩みを進めてまいりたいと考えておりますので、関係各位におかれましては、今後ともご指導、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。



Thank you for visiting our website.  We wish you a year filled with good health and happiness.

There have been a lot of significant news in the world last year.  In Japan, particularly, the government has officially decided to carry out the program of “Enhancement of Japanese Agricultural Competitiveness” which specifies that the government is going to take another look at the current wholesale market law and abolish the rules which don’t have any rational reasons anymore.  Japanese wholesale market is standing at a turning point of the history.

The main occasions for the recent big change in fishery industry are—1) the worldwide decline of the catch of the principal fish, 2) the increase of the overseas demand, and 3) the reduction of fish salesroom and the expansion of meat salesroom in supermarkets due to the rise in the price of fish.  Moreover, because of the population aging in the provincial cities and the decrease of population, the consumption of fish is decreasing regardless of the level of demand. 

To keep up with the change, we have been taking some measures to become the main base of the fishery in Seto Inland Sea and brand the local fish for these several years.  We get an established good evaluation because the result is steadily appearing.  This makes us possible to distribute fish with high added value.  Even though the number of fishers is decreasing and the population is aging, we will make more effort to help the fishers to restart their production until they can get a stable income.  Also we have been confident about the export business since JETRO decided to support us as a promising company in 2015. 

In the early phase in this year, the overall renovation and expanding construction of our processing department, Fresh Hirouo Co. is going to be started.  This construction aims to fix the deteriorated part, get HACCP to ensure the hygiene management, and improve the freezing technology.  We are planning to complete it in June this year.  The expanded area will be the office of JF Hirosima Fishery Cooperative and we are expecting the synergy effect with them.

On the other hand, “Relife Inokuchi”
the home nursing station which was established in April 2016—is now growing to get into the black within three years and the number of users is steadily increasing.  We manage it not only as a reliable nursing station for the customers, but also as a comfortable and meaningful working place for all of the staff.  Our final goal is to achieve the idea of “A balanced diet leads to a healthy body” through this business.

Hiroshima Central Wholesale Market is going to be reconstructed because of the earthquake resistance checks.  We hope that people concerned in the market think of it as a big chance and agree as soon as possible, and then we can make new plans to improve the competitiveness of the market together.  The keywords are—1) safety and security (the cold chain), 2) low cost, 3) the prosperity of the Kusatsu port area.  I personally wish we could fully make use of the unique characteristics and strengths of our fishery department for the market.

Hiroshima Fish Market promises to move forward to achieve what I have mentioned above.
We greatly appreciate your continuous support and encouragement. 
Thank you
. 

概 要

社  名
広島魚市場株式会社
代 表 者
佐々木 猛
資 本 金
1億円
設  立
1984年4月18日
従業員数
役員4名 従業員76名 パート46名
事業内容
水産物、その加工品並びにその他の生鮮食料品の受託販売、これらの買付およびその販売。 水産物の貯蔵、凍結、冷蔵および製氷並びに生鮮食料品の製造加工販売
実  績
2016年度  167億円
本  社
〒733-0832
広島市西区草津港1丁目8番1号 広島市中央卸売市場中央市場内
→アクセス
TEL. 082-279-2300 FAX. 082-278-3006
福岡営業所
〒810-0075 福岡市中央区港2丁目3-3-402号
TEL. 092-781-3611 FAX. 092-752-0504
長崎営業所
〒851-2211 長崎市京泊町3-3-1 関連商品棟E-14
TEL. 095-850-4058 FAX. 095-850-3676


沿 革

1984年 4月
卸売市場法に基づき4社合併により設立
初代社長に井野口 儀一就任
1984年 9月
広島市 中央卸売市場中央市場にて創業
1984年11月
活魚槽新設
1988年 6月
三島 文人 社長就任
1991年 3月
新人事・給与制度導入
1992年12月
活魚センター新設
1995年 3月
流通センター建設用地800坪取得
1996年11月
定温売場新設
1998年 3月
流通センター共用開始
2001年 4月
クライアント・サーバー コンピュータシステム開始
2004年 4月
井野口 裕宣 社長就任
2006年 5月
第2次クライアント・サーバー コンピュータシステム開始
2011年 4月
佐々木 猛 社長就任
2011年10月
流通センター分社化 フレッシュヒロウオ株式会社 創業
2012年 6月
第3次クライアント・サーバー コンピュータシステム開始
2015年 6月
株式会社インフィニ 設立
2016年 1月
株式会社インフィニ 訪問看護ステーション リライフ井口 事業開始